僕が輸出をはじめた理由とは?

IMG_4493
この記事の所要時間: 221

こんにちは、矢野です。

前回の記事でもお伝えした”転売貿易革命”ですが、
いよいよ本日で販売終了です。

稼ぐ意欲のある人達にボチボチ購入してもらっていますが、
やはり輸出入というと、言葉の壁とかそういうものに
不安を感じてしまうようでいつもよりその辺りの事で質問をもらいます。

僕もAmazonから英語だらけのメールが来る度に
心臓をドキドキさせながらヤフー翻訳にコピペして読んでいます。

これがひと昔前なら翻訳サイトなんかの環境もなかったので、
いい時代になったもんですね。

とりあえず今のところ、大きなトラブルなどはないので、
何とかなるもんだな〜というのが正直なところです。

で、僕が輸出をはじめた理由についてですが、
実は以前からイライラしていた事がありました。

というのも国内のAmazonで販売したものを
時々、どんな人が買ったのかな〜と気になって
注文管理→注文の詳細を見てたりするんですけど、
購入者の名前の横にこんな表記を見つけたりすることがあります。

このバイヤーすべての216件を表示

もちろん累積ではありますが、
ちょっと尋常じゃないくらい僕から買ってもらっているんですよね。

おそらくこの購入者さんは海外での販売目的もしくは、
無在庫出品で売れたので、僕から仕入れたのでしょう。

もちろん売れてくれるのは利益が出るということなので、
全然いいんですけど、これを自分が海外輸出すれば
さらに大きく稼げるわけですからね。

それをわかっていながら、自分が輸出に参入するのがおっくうで、
ずっ〜と後回していたイライラを解消するために
重い腰を上げて輸入をはじめたのが本当の理由です。

昨日の夜も寝る前にベッドに横になって、
スマホでとあるネットショップを見ていたら
特価販売をしていたので、ポチってたら10万ほどの仕入れとなりました。

こんな感じで国内Amazonでは利益がほとんど出ないものは
売れずに残ってるんですよね。

そういうものも輸出すれば、
利益を得ることができるようになります。

国内販売か海外販売、どっちで高く売れるか選べるようになったのは
長い目で見てもかなりの差が出るなと実感する日々です。

という事で、とりあえず明日は久しぶりに
海外Amazonで利益が出るものを拾いに店舗せどりにいってきます。

・転売貿易革命
http://yanofumitaka.sakura.ne.jp/cs2/1013/

本日販売終了の転売貿易革命に関する記事はこちらからどうぞ

http://yanofumitaka.sakura.ne.jp/cs2/1012/

LINE@はじめました

無料でLINE@限定の情報を配信しています。
スマホならワンクリックですので、こちらからお気軽に申請してください。

Add Friend