ザワつかせてくれますね

IMG_9698
この記事の所要時間: 24

今月、とある商品を集中して
刈り取りまくって売っています。

100万円分ほど仕入れて、カートをほぼ独占状態だったので、
いい勢いで売れていました。
これで今月の売上のいい底上げになるな〜と
思った矢先、急に売上が鈍りました。

そうです。ライバルの出現です。

そのライバルによって、
僕がカートを取得できなくなったのです。

もちろんライバルが現れるのは、
想定内ですが、これがちょっと面倒な出品者なんですよ。

なんていうか、ちゃんと最安値に
合わせてくれないんですよね。
僕がつけている値段からさらに3000円ほど
下げて出品してくるんですよ。

例えば僕が34800円でカート取得しているのに、
31800円とかで出品してきます。

すでにこの時点で、意味不明なんですけど、
ランキングもかなり高い商品なので、
すぐに在庫がなくなるだろうと思っていたら、
どうやらそこそこ在庫を持っているみたいで、
売れたら何度も再出品をかけてきます。

その出品者が再出品する時、
僕が最安値でカートを取っているので、
僕と価格を合わせてくれたらいいと思うのですが、
また3000円ほど価格を下げて再出品してきます。
IMG_9702

僕としてはこの商品の在庫を50個ほど持っているので、
このままの価格に付き合っていたら、
150000円ほど損をしてしまう状況です。

しかもたまにこの出品者、
値段を数百円程度、調節してくるんですよ。
IMG_9703

つまりこれは意図した出品価格という事です。
普段、温厚な僕もこの行為には心がザワつきます。
IMG_9700

せっかく入手困難なものだし、
相場を作って売っていたのに台無しなんですよね。

さっき確認したら、売れてもう在庫がなくなったのか、
出品が消えて僕がカートを取っていましたが、
願わくばもうこのまま消えてもらいたいです。

これが出品者が縦積みになるAmazonの弊害ですね。
そういえば先日はじまったAmazonの新しいサービス、
Amazonベンダーも恐ろしいですね。

これによりAmazonが格安で仕入れた商品で、
カートを独占するというような状況が増えてくる可能性が高いですよね。

こうやって僕等を取り巻く環境はどんどん変わっていくので、
いまのうちにしっかり対策しておきましょう。

LINE@はじめました

無料でLINE@限定の情報を配信しています。
スマホならワンクリックですので、こちらからお気軽に申請してください。

Add Friend