仕入れられないのは●●が原因

この記事の所要時間: 254
前回の記事にかなりの反響をもらいました。
 
 
それだけ仕入れに悩んでいる人が多いって事ですね。
 
 
まあ僕のところに来る相談メールのほとんどもやっぱり仕入れについての内容です。
 
 

仕入れられない原因

 
 
地方の人からの相談だと店舗が少なすぎて、仕入れ対象になるものがなかったり、副業の人は仕事終わりか、休みの日くらいしか仕入れに回れないので売り上げがなかなか伸びないという悩みです。
 
 
 
 
もはやその人のせどり能力うんぬんよりもそれ以外の住んでいる場所や時間が原因でせどりがうまくいっていない場合がほとんどですね。
 
 
 
以前からお伝えしていますが、店舗せどりで満足できるような仕入れができないのであれば、やっぱり電脳せどりやAmazon刈り取りをやるべきだと思います。
 
 
特にkeepaを使ったAmazon刈り取りなんて、グーグルクロムにkeepaの拡張機能をインストールしたらすぐにでもはじめられます。
 
 

keepaで刈り取ったもの

 
 
ちょうど今日、keepaへ仕掛けた商品に値下がり通知が来て刈り取ったので紹介します。

 2017 09 03 23 03 18
 
去年もこのブラックシリーズのライトセーバーは頻繁に品切れを起こして高騰していましたね。
 
 
2017 09 03 20 57 39
 
 
 
2017 09 04 01 13 55
 
 
16836円仕入れ
27000円売り
 
利益6636円
 
 
11本買ったので、見込み利益は73000円くらいですね。利益率も40%、高ランキングなのですぐに売れてくれるはずです。
 
 
値下がり通知から刈り取りまで1分ほど、家から出ずに仕入れ完了です。
 
 
グラフを見てもらえれば分かりますが、このわずかな時間だけ値下がりしたのをちゃんとkeepaは知らせてくれました。かなりいい仕事をしてくれます。
 
 
 2017 09 03 17 28 28
 
あと、ちょっと見てほしいんですけど、赤丸で囲った数字。これは何人の人がkeepaにこの商品の値下がり通知を仕掛けているかという事です。
 
 
つまり2人だけです。(そのうちの一人が僕)
 
 
数日前に発売された新商品ということもあって、登録者が極端に少ないんですけど、もしもあなたがこのライトセーバーをkeepaの値下がり通知を登録していたら、刈り取れていた可能性はかなりあったはずです。
 
 
 
僕が何を言いたいのかと言うと、この商品に限らずですが、新製品なんてこれからもどんどん出てきますし、すでに販売されている商品も在庫処分のような形で思いっきり値下げするものもあります。なので値下がり通知を仕掛けたもの勝ちって事です。
 
 
 
Amazon刈り取りなんて、値下がり通知が来たら刈り取るだけですし、普通にAmazonの買い物となんら変わりませんからね。
 
 
amazon刈り取りだったら地方に住んでいようが、時間も場所も関係なくなります。
 
 
もう店舗で店員さんや他のお客さんの目を気にしながら、こそこそとスマホで相場を確認する必要もありません。
 
 
仕入れるものがあるかどうかわからない店をひたすらぐるぐる巡る必要もありません。
 
 
仕入れにつながる仕組みさえ構築していけば、これまで仕入れに拘束されていた時間は自由になります。 なので僕は値下がり通知を登録するのワクワクしながらやってます。
 
 
 
 ps.
 
9月に入り、2学期がはじまったので娘と過ごす時間が減ってさみしいです。早く冬休みになったらいいのに。
 

LINE@はじめました

無料でLINE@限定の情報を配信しています。
スマホならワンクリックですので、こちらからお気軽に申請してください。

Add Friend