無慈悲なamazon

この記事の所要時間: 250
 
ついにこの時が来てしまいましたね。
 
 
新品せどらー抹殺宣言とも言えるamazonのコンディションガイドライン変更です。
 
 
2017 09 12 13 14 45
 
 
 
このコンディションガイドラインがいつから変更されていたのかわかりませんが、あまりにも急すぎるぜamazonさんよお。
 
 
 
結論から言うと、今回のコンディションガイドライン変更でAmazon刈り取りからのAmazon出品は絶望的です。
 
 
 
ただし、新品で仕入れしたものを”ほぼ新品”として出品するのは問題ないみたいですね。
 
 
 
未使用品である事をきちんと明記して、カート価格より少し安く出品すれば、カート取得時ほどの爆発的な販売力はないもののある程度は売れますからね。
 
 
ほぼ新品で出品すればAmazonの価格追従も受けないという無理やりなメリット?もあります。
 
 

amazon刈り取りの終焉

 
 
で、amazon刈り取りは本当に終わってしまったのか?というと、出品アカウントと完全に結びつかない別の購入アカウントでAmazon刈り取りしたものなら大丈夫かもしれません。

 
ただし、Amazonからのお尋ねで、商品の仕入れ先の請求書等を出せと言われたらヤバそうですね。
 
 
 
あとはAmazon刈り取りしたものを別販路で売るのならこれまで通り問題ありません。Amazon刈り取り→ヤフーショッピング、楽天市場、ヤフオク、メルカリ等ですね。
 
 
 
なのでamazon刈り取り自体が終わったわけではないけど、amaoznで出品するならほぼ新品で出品しても利益が取れる商品を選ぶ必要があるという、難易度が上がったのは間違いないですね。
 
 

アマヤフで販路拡大

 
 
この流れだとそう遠くないうちに新品出品自体もすぐに仕入先を明らかにできる一部の出品者しかできなくなりそうな雰囲気がプンプンですね。
 
 
 
まあいずれにしても単に新品、未使用品を店舗せどりやフリマサイト等で電脳せどりをしていただけの人達はいろいろと考えなければならない時が来たのだと思います。
 
 
 
こういう時、別プラットフォームへ販路拡大や問屋、買い取りサイト等の仕入れ先を工夫していれば、気持ちの余裕も違いますからね。
 
 
 
販路拡大で手っ取り早いのは、以前からいち押ししているアマヤフです。
 
 
 
amaozonに出品している商品をほぼ自動でヤフーショッピンングにも出品してくれるツー ルですが、今後、楽天市場にも対応していく予定だそうです。
 
 
 
amazonに出品しながらもヤフーショッピング、楽天市場に併売できれば販路が大きく広がりますのでもうamazonの無慈悲とも言える変更に今ほどビクビクしなくてもよくなります。
 
 
どんどんアマヤフを導入する人が増えればこういうアップデートも急いでくれると思いますよ。
 
 
アマヤフ関連参考記事はこちらからどうぞ
 
 
 
ps.
 
今回のコンディションガイドライン変更において、まずやっておいた方が良い事は、Amazon限定商品の出品取り下げとsku削除(過去のも)です。
 
あくまで 念のためですが、これらは他で仕入れたという証明も出せませんからね。

LINE@はじめました

無料でLINE@限定の情報を配信しています。
スマホならワンクリックですので、こちらからお気軽に申請してください。

Add Friend