税務調査が来たってよ

この記事の所要時間: 24
もうすぐ確定申告の時期ですね。
 
 
去年、今年に入ってからせどり等のネットビジネスをやっている知り合いや、友人のところにも「税務調査が来た」と連絡や相談をちょこちょこもらっています。
 
 
僕も経験したからわかるんですけど、税務調査が来ちゃうと、はっきりいって生きた心地がしません。税務調査が終わるまで、ご飯もおいしく感じませんからね。
 
 
まず言える事は、ある程度の利益が出ているなら確定申告は「やらないよりもやっておいた方が絶対いい」です。
 
 
 
ある程度というのは、本業なら必要経費を控除して38万円、副業であれば20万円を超える場合です。
 
 
利益を出しやすいビジネスモデルであるせどりをやっていると、ほとんどの人が当てはまっちゃいますね。
 
 
 
「いやいや、せどりよりも今は仮想通貨が盛り上がってるから、そっちの方に税務調査が行くから大丈夫だろ」なんてのは大きな間違いです。
 
 
仮想通貨に対してはまだまだ法整備が整ってないので、税務署が本格的に乗り出すのはもう数年先になるでしょう。
 
 
どっちかと言ったら間違いなくここ数年で業界的にある程度、データの集まったせどりの方がヤバいと思いませんか?
 
 
 
基本的に税務調査は、取りやすいところに来ます。
 
 
アマゾンなんて、特定商取引の表示で、住所や名前も出ていますし、税務署の権限で銀行に照会をかけると、入金履歴を知る事ができます。その際に銀行口座にアマゾン名義の入金が頻繁にあれば、完全にアウトですからね。
 
 
税務署からすればチョレイ〜ですよ。
 
 
まだ取り引きするまで出品者の実名を知ることのできないヤフオクやメルカリの方がわかりにくいと思います。
 
 
なので面倒くさくても他人事とは思わず、最低限、確定申告だけはやっておいてくださいね。
 
 
無申告の状態で税務調査が来ると、徹底的にえげつなくやられますからね。
 
 
確定申告の知識がなくて、どうやったらいいかやり方がわからなくても、税務署の人に聞いてみたり、税理士さんに相談してみてもいいと思います。身を守りたいならそれくらいの行動はやりましょう。
 
 
 2018 02 18 00 10 43
 
PS.
 
 
ただ単に確定申告の相談するにしても、最低限の知識はあった方が確実にいいので、知識武装したいならこちらをおすすめしておきます。