ヤフオクが最強という理由について

IMG_0010
この記事の所要時間: 350

ブログランキングに参加しています。
ポチっと応援クリックお願いします^^

http://yanofumitaka.sakura.ne.jp/cs2/483/

先日、ヤフオクの評価がついに50000を超えました。

このヤフーIDは、僕がまだ個人事業主の時、一人で
ヤフオクに関する全ての作業をやっていた時からのもので、
後にそれをオークションストアIDへと移行しました。

IMG_0010

起業当時、資金もコネもなかった僕が、
「どうにか稼げる方法がないか?」と考えた結果、
“委託販売”というビジネスのロジックをヤフオクへ持ってきて、
はじめたのが“ヤフオク出品代行”でした。

今でも人から「ヤフオク出品代行って何なの?」って
言われるくらいかなりニッチなジャンルですし、
もちろんはじめから順風満帆という訳ではありませんでした。

当時はヤフオク出品代行というものを知ってもらうために
かなり必死で行動していました。

今思えば笑ってしまうような出来のチラシを必死でパソコンで作り、
それをインクジェットプリンターでA4用紙に印刷したものを四つ切りにして、
商店街の横断歩道前で手配りしたり、郵便受けに入れていたりと
かなり地味な事をやっていました。

せっかく配ったチラシがくしゃくしゃになって、道にポイ捨てされてたり、
ゴミ箱に突っ込まれていたりするのは日常茶飯事でした。

「今にみてろよ」といつも悔しい気持ちをグッとこらえて、
それを回収して歩く毎日でした。

しかし、少しずつヤフオク出品代行に価値を感じてくれた人達の
口コミや紹介などで認知されはじめて、たくさんの商品が
集まるようになりました。

今ではスタッフを雇用し、ちょっとかっこいい言い方をすれば、
自動化して収益を上げる事ができています。

僕は今でも物を売ってお金に変えるのなら
ヤフオクが最強だと思っています。

なぜなら自分の不要になったものでも、他人からもらったものでも、
粗大ゴミとして出されているものでも、そんなの関係なく、
それを欲しがる人がいる限り売れるからです。

確かにヤフオクへ出品するためには、商品の写真を撮ったり、
商品説明文を打ち込んだりと少々の手間がかかりますが、
ある程度のパソコン操作の勉強になるし、それくらいの事をやっても
有り余るくらいのリターンは十分にあります。

僕は毎日、コツコツと出品をしていましたが、
「これがお金になって戻ってくる」と思ってやっていました。

出品数が増えれば増えるほど、収入は右肩上がりに伸びていましたね。
何よりもヤフオクでの学びはかなり大きかったです。

・もっと効率良く出品するにはどうしたらいいのか?

・もっと高く売れるためにはどうしたらいいのか?

・もっと商品をたくさん集めるにはどうしたらいいのか?

稼ぎを大きくするためにはこれらの課題をクリアしなければならないので、
あーでもない、こーでもないと何度も何度も試行錯誤を繰り返しやっていました。それが自分のスキルアップにつながったなと思います。

なので、これからネットビジネスをやりたいという人にも
やはり僕はヤフオクをおすすめします。

まずは自分の不要になったものをお金に変えて、
ネットビジネスの資金にするのが自由への第一歩ですね。

ではまた!

PS.

先日、世界遺産である宮島の厳島神社へ行って来ました。
IMG_2821

島には野生のシカがいます。

IMG_2879

昼過ぎだったからなのか、どのシカも眠そうでした。

IMG_2880

商店街は観光地だけあって、すごく賑わいです。
お土産屋さんと飲食店がぎっしりです。

IMG_2884

歩いていると、牡蠣を焼いている香ばしい匂いに
ついつい足を止めてしまいます。

IMG_2885

プリプリ&ジューシーな焼き牡蠣の美味しさは表現できません。
IMG_2887

この後、食欲に一気に火がついて、牡蠣のホイル焼きと
牡蠣お好み焼きも食べました。

IMG_2897

大きなしゃもじ
IMG_2891

商店街を抜けると、厳島神社が現れます。

IMG_2916

ちょうど潮が引いていて、鳥居の近くまで行く事ができました。
IMG_2943

PS.

先日、限定10名で追加募集した僕の新チーム、
“ブランド品で稼ぐチーム矢野”ですが、
残り3名となりましたので、興味があればお早めにどうぞ


BUMA(”ブランド品で稼ぐチーム矢野”)に関する過去記事はこちら
http://yanofumitaka.sakura.ne.jp/cs2/805/

LINE@はじめました

無料でLINE@限定の情報を配信しています。
スマホならワンクリックですので、こちらからお気軽に申請してください。

Add Friend